北船場を舞台に、擬人化された建物たちが次々に登場してしゃべりだす

史実に基づいた涙あり笑いありの、8年越しに実現する待望の公演

北船場茶論 AUTUMN

御堂筋完成80周年記念企画

ギンギラ太陽’s 大阪公演

「おめでとう80周年!御堂筋モノ語り」

2017年9月22日(金)18:00開場 18:30開演

     23日(土)13:00開場 13:30開演

会場:大阪ガスビル 3Fホール

(大阪市中央区平野町4-1-2)

入場無料

お申込み方法:下記フォームよりお申込みください。

定員各250名
先着順となりますので、予めご了承ください。

お申込み入力後、登録が完了した場合には自動返信メールが届きますが、
PCセキュリティ等の関係で、登録後の返信メールが届かないことがあります。
その場合は受付登録できていないことが考えられますので、お手数をおかけしますが、
氏名(フルネーム)・ご連絡先(電話番号とメールアドレス)
観劇希望日時(9/22 or 9/23)と申し込み人数を明記のうえ
FAX 06-6222-0502 または、メール hara@chaos-chaos.com
をお送りいただきますよう、お願いします。

□共催:大阪ガス株式会社/御堂筋まちづくりネットワーク/北船場くらぶ

□出演:劇団ギンギラ太陽’s

□お問合せ:06-6222-1933/㈱ケイオス

【あらすじと見どころ】

御堂筋再開発のシンボル「本町ガーデンシティ」が、時空を超えて「明治のガス誕生物語」や「御堂筋の80年」を目撃するモノ語りです。今回のイベントは、「御堂筋のビルキャラたちとの記念写真大会」「短編モノ語り」「御堂筋についてのトークコーナー」と盛りだくさん。なんと入場は無料です!ギンギラ太陽’sの公演で、御堂筋や船場の街を楽しく体感しましょう!

【ギンギラ太陽’s とは】

福岡を活動の拠点とする劇団。最大の特徴は、役者が「かぶりモノ」を着け、「建物」や「乗り物」を始めとした「モノ」を擬人化することで物語を綴る手法です。「人間」は一切出てきません。登場するのは「人の想い」を語る「モノ」たちだけです。また地元密着にこだわり、徹底取材し、史実ありきの物語として作品化を続けています。「かぶりモノ」とくればコント的と思われがちですが、大塚ムネト氏の徹底した地元取材と、その情報源に基づいて描かれた脚本は、笑いとともに史実に基づく描写が客席に感動をもたらしてくれます。これが「人間が登場しないヒューマンドラマ」といわれる所以です。